レディ

美容外科に通いたいなら人気がある横浜へ行こう

目元の印象をよくする

婦人

傷跡が目立たない「瞼の脂肪吸引」とは。

まぶたに圧し掛かっている脂肪を吸引したいと考えている方は、少なくありません。瞼の上にある脂肪が原因で、せっかくの目元が腫れぼったくなって、悪い印象を与えてしまいます。そういったことが無いように、瞼の上に乗っかっている余分な脂肪を吸収して、スッキリさせる方法があるのです。それは、「瞼の脂肪吸引」という治療になります。横浜にもたくさんある美容外科では、瞼の脂肪吸引が行える場所もあるようです。「瞼の脂肪吸引」の治療に関して、クリニックによって名前が異なっている場合があります。名前が異なっていても、治療内容に変わりはありませんので、安心して下さい。また、瞼の脂肪吸引は、手術後の仕上がりも自然で「二重整形埋没法」よりも手術後の傷跡が目立ちにくいことから、周囲にばれる心配はないと考えても良いでしょう。瞼に穴を開けて、余分な脂肪をどんどん吸い取っていきます。ここで吸収される脂肪は「眼窩脂肪(がんかしぼう)」といって、瞼の直ぐ上に圧し掛かっている脂肪なのです。この眼窩脂肪が多い人は、目元が腫れぼったくなって、重くて暗い印象を与えてしまいます。これを取り除けば、ぱっちりとした印象になりますので、傷跡が目立たない治療方法を求めている多くの人が、この治療を受けているのです。

施術でも効果アリ「瞼のむくみ取り」とは。

瞼の脂肪は、手術を受けなくても、セルフケアだけでむくみを取り除くことができます。瞼の上を軽くマッサージするように、人差し指を目頭から目尻に沿って流すようにしましょう。これを5~6回繰り返すだけで完了です。脂肪はゆっくり時間を掛けて移動させることができますので、継続して行うようにしましょう。このマッサージの目的は、瞼の上にある眼窩脂肪を刺激して、瞼の重みを除去するのです。眼窩脂肪は、水分を含むと膨張して瞼に重くのしかかってきます。そのため、目元が重くなり腫れたような感覚になってしまうのです。その結果、夜はそれほど違和感がないのに、朝起きた時から夕方にかけて、瞼の上が腫れぼったく感じてしまいます。それを除去するために、このマッサージを定期的に行って、瞼の上にある眼窩脂肪を刺激して改善するのです。このマッサージを続けた人で早くても1ヶ月、遅くても3ヶ月では瞼の上にある重みが取り除けてスッキリしたという体験談も多く紹介されています。しかし、個人差によって効果もまばらです。これを続けても効果が無いようであれば、セルフケアでは、改善できないということになりますので、横浜などにもある美容外科に行って、診察をしてもらうと良いです。美容外科であれば、セルフケアよりも短時間で効果を発揮することができますし、満足いく仕上がりにしてくれます。横浜に住んでいる方にも、美容外科で治療を受けている人は少なくありません。

瞼のむくみが気になる方に注意して欲しいこと。

横浜に住んでいる方の中にも、瞼の上が腫れぼったく膨らんでいることが原因で、困っている人は少なくありません。そういった方は、美容外科に行って診察をしてもらっています。瞼の上にある腫れぼったさを取り除くには、「瞼の脂肪吸引」がオススメです。不要な脂肪だけをキレイに取り除いてくれるので、人気があるともいえます。瞼の上にある脂肪を取り除いただけでも、腫れぼったさが無くなり、スッキリとした印象に変えられるのです。しかし、この治療で得られる効果は人によって異なります。一重の方でも、必要以上に脂肪吸引をし過ぎると二重になるための治療として効果を発揮できない場合があるのです。脂肪吸引をし過ぎて、逆に瞼の上が凹み過ぎた為、結果として二重にすることができなかったというケースがあります。確かに、目元はパッチリしてスッキリした印象になるのですが、凹みができることで、老けて見えてしまう場合もあるのです。それだと、目元のコンプレックスは深まってしまいます。それではいけないので、脂肪吸引の治療を受ける前に、しっかり医師に相談しておくことが大切です。